2009年4月アーカイブ

血液検査の結果を聞きに、この週末再び病院へ行ってまいりました。

結果から申しますと、特に急ぐような入院や治療の必要性は無しということでした。

※一部の方にご心配をかけてしまったようで、申し訳ございませんでした。


血液検査では、糖尿病は、ギリギリ許容値未満におさまっているようでした。
白血球が少し多いのと、善玉コレステロールが少ないこと、中性脂肪は相変わらず許容値を大きく上回っている数値でしたが、「取り急ぎの治療の必要性は無し」との事。

血液検査で何も出なかったので、胸部レントゲンと心電図の検査も行いましたが、こちらも異常無し。
数年前に社内で結核が流行ったので、何か出るかも?と思っていましたが、大丈夫なようで、肺ガンも無し。


となると、この症状は一体...?
単なる根性不足ですかね。。。
頭と下の検査はやりませんでしたが。


「疲労とストレスと喫煙が原因」という事も言われましたが...何も出ないと、こういうしかないんでしょうね。
白血球が多いのは喫煙が主な要因だそうですが。

とにかく、生活習慣を変えるのが大切とのことでした。


この6月にスイカロードレースというマラソン大会にエントリーをしていますが、このような体の状態でしたので、出る予定にしていなかったのですが...
診断上では欠場理由がなくなりました。。。

どちらかといいますと、体重も軽く、しぼれてる状態で...
心肺機能が問題ですが。。。

このまま具合の悪いフリをしていた方が具合がいいような。。。
年度末が終わり、先日、1ヶ月ぶりにスポーツクラブへ行くと...
色々な人から「痩せたね」や「細くなったね」と言われました。

ちなみに...「だらしなくなった」とか「さわやかさがなくなった」というのは以前から多くの方に言われており、私も否定はしないのですが...


言われて体重を測ってみますと、綱引きの頃から6kgほど落ちていました。
筋力も落ちているらしく、ベンチプレスも70kgをイジルのが精一杯ですし、なんか、ベンチをイジろうという気が起きないんですよね。
年度末の影響もあるかと思いますが、とにかく何もしていないのですが、疲れてます。。。
「なんだろう。。。」と思っていますが。


ところで、糖尿病って、知ってます?
「自覚症状がない」と言われていますが。

糖尿病の主な症状とされるのは...
・のどが乾き、水分を多く取り、尿の回数や量が増える
・体がだるく、疲れやすい
・食欲が異常に強くなる
・食欲はあるが痩せてくる
・むくみが出てくる
・おできができたり、皮膚が化膿しやすくなる。
・性欲が低下する

などがあるようです。
私は上記何点か該当します。

特に数年前から尿に異変があります。(お食事中だったらごめんちゃい)
動いてない割りにはすぐに空腹感が出、喉の乾きもあり、仕事中にマホービン1本のお茶と禁断の缶コー○ーを...ほんの...少々...でも足りないくらい。体のだるさは、ほんと特にそうですね。
年齢のセイもあるのかと思いますが、エアロビクスのレッスンの出ますと「思うように体が動かない。。。」と感じます。
気持ちはあるのですが、体がいう事をきかないんですよね。特に足。そして足の裏が痛くなります。
最近はこの痛みで幾度かレッスンスタジオを途中で出ようと思ったこともあります。
また、何事にもヤル気が起きないんですよね。
むくみやおできは無い(性欲はよくわかりません)のですが、何点か該当しますね。


糖尿病で怖いのは糖尿病の合併症。
その症状とは...

・物が見えにくくなる
・手足のしびれや痛みがある
・足などがつるようになる
・立ちくらみがある

ということで、こちらは「手足のしびれや痛み」以外は全て該当しています。
仕事中やエアロビクスのレッスンの最中に目が見えなくなるということもよくあります。
「見えなくなる」というよりは、見えてはいるのですが、なんか全体的にモザイクがかかったような感じですね。
飛蚊症っていうんでしたっけ、何か点や蚊が(いないのに)飛んでるようなモノもよく見ます。
立ちくらみは、しょっちゅうですし、運動中のみならず、夜中に眠って足がつるなんてのもしょっちゅう。

数年前に皮膚科の検査で中性脂肪が許容値をはるかに上回る結果が出てもいます。

↑前置きが長くなりましたが(長過?)ま、ここで自慢げに多く語ってるよりいち早く医者に行った方がいい...といういうことで...

この週末、病院に行ってまいりました。

数十年ほど皮膚科と歯医者以外の病院には行ったことがなく、とりあえず、遠からず近からずの病院へ。

行った病院は、新しくできたところらしく、「設備が綺麗」と評判の病院。入院施設はないようです。(入院回避という計算もあり選択)
「予約制」とのことで、電話予約をしてから行きましたが...予約制というだけあってガラガラでした。
私達以外の患者さんの姿はなく...
待合室は、ホテルのインフォメーションのような雰囲気もあり、患者さん同士が隔離して待てるようなつくりになっていました。
院内感染などを防ぐための配慮かと思いますが。子供連れには重宝するでしょうね。

診察時は先生が直接パソコンでカルテを作っていました。ペーパーレスですね。そういう時代なんですかね。
私が上記のような症状をいうと...その場でパタパタとキーボードを叩いてらっしゃいましたが、よく考えるとこの方が薬の手配や患者のデータの保存などが早く、オンラインで効率的ですかね。
モニターの画面を患者(私)が一緒に見れるようになっていましたので...「急性」を「旧姓」とか文字変換間違いを見た時には...笑いをこらえるが大変でした(笑)

そう、「急性~」とか...私の父親の体の状態や原因まで聞かれました。
なんたって、私は長い間(期間は「アホかっ!」と言われそうなので書きませんが)、「健康診断」というモノを受けたことがないもので、先生は思い当たるフシを全てPCにメモされていました、
診察時は先生から説教の嵐でした。。。(笑)
私も父親も医者に行くのを避けていましたので。
面倒くさいというのもありますが、とにかく「何かが発覚したら全てが止まる」という怖さがあったのかと思います。
私も今「入院」とか言われたら...ちょっとマズイかな。。。やはりなんだかんだ面倒くさいですし。。。


で、この日はとりあえず尿検査と血液検査を行いました。
尿検査では、特に異常が見られなかったようです。
先ほども書きましたが、ここ数年ほど尿に異変が見受けられていたので、「絶対にひっかかる」と思っていたんですけれどね。
ま、できるだけひっかからないように!と、病院に行く寸前まで力士の新弟子検査のように水をガブ飲みして、「薄めよう♪」と努力(?)をしていましたが。
おかげで、尿検査は10回くらいできるような成果(?)でした。(お食事中でしたら再びごめんちゃい)


血液検査の結果は後日ということでした。
コレ次第では全身の検査を行うようです。

先生のお話だと、父親が他界した原因と今の私の症状は、関連している(同じ系統の)可能性があるという事でした。
脅かしですかね。。。
東京マラソンの松村氏の事も例に挙げて...ほんと、説教の嵐でございました。。。
ありとあらゆる可能性を丁寧に説明してくださいましたが。

糖尿病って、運動と食事での対応かと思っていましたが、運動をするのは「ダメっ!」と強く止められました。

仕方がないので暫くはおとなしくしていよう。。。

↓病院の待合室で記念撮影...(?)

DVC00047t.jpg

手に持っているのは「生活改善レシピ」という本。
生活習慣病など、このたぐいの本が待合室に多くありました。

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ(記事一覧)で見られます。スマートフォンではスマートフォンに最適化されたページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

maukie

●綱引きシューズ
tunahikishoes.JPG

綱引シューズ等用品はこちらでご紹介しております
綱引きシューズ等用品のご紹介

最近のブログ記事

月別 アーカイブ

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家