2008年5月アーカイブ

私が通うスポーツクラブでは、「ラウンジミニコンサート」というイベントがGWの最終日にありました。
これは、スポーツクラブのクラブラウンジで会員さんが踊りや手品、趣味など日頃の成果を発表する場として、クラブが企画したようです。
日本舞踊や長唄、ハーモニカなど日頃お目にかかる会員さん達が様々なパフォーマンスで違った一面を見せてくださいました。
ハーモニカの音はすごくキレイでした。
 
っという私もギターで参加させていただきました。
一週間前にスポーツクラブの副支配人さんから帰りがけに「ギターを弾いてほしい」と言われました。
私は、それまでこのようなイベントがあることすら知らなかったもので、どういう主旨や内容のイベントなのかも解からず...
なんでも、企画したものの、参加者が集まらないという事でした。
けれど、ちょっと急な話で「一週間しか時間がなく、準備する間がない」ということもあり、あまりイベントの主旨や内容も詳しく聞かずに一旦はお断りさせていただきました。
 
その後、クラブの友人達とのディナーでの会話の中でこの話をしましたら、「やってみようか!」と話が盛り上がり再浮上しました。
ソロギターや弾き語りのいわゆる一人でやるのはいささか抵抗があったのですが、彼らと一緒になら「面白そうだな」ということで、一週間で選曲、音あわせ、練習となりました。
 
今回は、私がアコースティックギターで伴奏、その他の二人が2曲ずつボーカル(スタイル的にはコブクロさん状態?)の計4曲の予定でしたが、当日にひとりが都合が悪くなり、2曲のみの演奏となりました。
演奏した曲は、「想い出がいっぱい(H2oさん)」と「あの素晴らしい愛をもう一度」。
スポーツクラブでの演奏なので、「あまり艶っぽくない方がいいかな?」と思いましてね。
また、客層もわかりませんので、協議の結果(?)無難な線でこのような選曲となりました。
もちろん、2曲とも私も好きな曲ですよ。
「あの素晴らしい愛をもう一度」のスリーフィンガーなんかは、弾いてても気持ちいいですしね。(速いので、楽譜通りとはいきませんが)
 
しかし、当日の客層は...この2曲でも「あ、新しすぎたかな。。。」というハイレベルな年齢層の方々ばかりでした。。。
けれど、案ずるよりも~といいますか、いざ演奏をし始めましたら、私のギターをかき消すほどの手拍子を下さって。
演奏後も多くの方々から沢山の感想をいただきました。
 
普段、スポーツクラブ内でお顔は知っていても話す機会がないという方々ともこの演奏の場を通じてお話ができたり。
「やってよかったなぁ」と思った瞬間でした。
 
 
出番がくるまで、スポーツクラブ裏の遊歩道で練習(ウォーミングアップ)。
 
中年のストリートミュージシャンではありません。
通行人に変な目で見られていましたが(笑)
 
この日は天気がよく気持ちがいい。
本番で演奏中。
 
観客数は、20人ちょっとだったかと思います。
狭いラウンジがいっぱいでした。
立ち見の方もいらして、嬉しいかぎりです。
 
高齢の方が多かったのですが、みなさんノリがよく、最後は大合唱~!
 
さすが、スポーツクラブに通われているだけのことはあり、みなさんパワフルで、まだまだお若い!
 
スポーツクラブに通い始めて十数年となりますが、まさかスポーツクラブ内でギターを弾くことになるとは思いませんでしたが。

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ(記事一覧)で見られます。スマートフォンではスマートフォンに最適化されたページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

maukie

●綱引きシューズ
tunahikishoes.JPG

綱引シューズ等用品はこちらでご紹介しております
綱引きシューズ等用品のご紹介

月別 アーカイブ

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家