余韻

綱引き大会から一週間。

スポーツクラブへ行きますと...

多くの会員さんから「おめでとう~!」の声をいただきます。

もちろん、私だけでなくチームメイトの方々もそういった声をいただいていることと思いますが。

嬉しいですよね。


スポーツクラブの掲示板には「優勝」の賞状が掲載されていました。

P1050176t.jpg




P1050177t.jpg


おそらく、これを見て声をかけてくださっているのだと思います。


そう、話が変わり..."もしかしたら"...ですが...

この勢いで「千葉国体への出場」という話もあがってきました。

国体への出場なんて、この機会を逃せば一生無い事だとも思います。

人生の中で「国体に出た」というのは、いい思い出にもなりますよね。(箔がつく?)


先日もお話しましたが

国体での綱引競技は「デモンストレーションとしてのスポーツ行事」(デモスポ行事)として開催され

参加資格や手軽さという面では「公式競技」>「公開競技」>「デモスポ」の順のようになっており

綱引の参加資格は

原則として千葉県内在住の人。

チーム構成は8名+交代要員2名+トレーナー1名+監督1名の計12名の構成。

トレーナーも監督も参加OKとの事。

1部と2部がありますが、我々素人は2部であれば参加できるようです。


面白そうですね。

素人の我々がどこまで国体で通用するものなのか?

この話が実現しそうでしたら

またご報告いたします。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 余韻

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.oymnpc.net/mt/mt-tb.cgi/54

コメント(4)

せっかくの機会ですので国体目指しますか。
(優勝した勢いで気が大きくなってます)
どうせ出るならNASのメンバーがいいのですが集まりますかね。

あと、8人の総重量が600kg以下となってましたが平均すると
75kgですね。
そのあたり微妙なとこです。

2コラスさん
国体に行きましょう~!

この機会を逃すと、この先、国体に出るなんて事はないでしょうし。

目標があればトレーニングのモチベーションもあがります。(ベンチプレスは不要?)

別のところからお誘いもいただいておりますが、自分としましても同様にクラブメンバーで出たいところです。

今度の週末の会議(?)で色々な話が出るかとも思います。

そう、体重制限の記述が気になっていました。
もう50kg緩ければ楽ですが。
私は現状でギリギリ平均内におさまっていますが、いざとなったらまだ絞れるかもしれません。
いつ計量するのか…試合当日ですと、ボクサーのような減量方法ではダメなんですかね。
国体の公式サイトでは、「合計体重によるクラス分け」ということも謳っていましたが、もしかしたら、そんなに参加チーム数がないのかもしれませんね。


綱引(国体公式サイト)

では、土曜日の会議の議題にしましょう。

今年の結果&写真が下記に掲載されてました。

http://chibacity.spo-sin.or.jp/

2コラスさん、教えていただいた公式ページを見ました。

「千葉市の力自慢NO.1チーム」ですね^^

掲示板にも書きましたが、別のところからのお話しが進んでしまうようですと、大変なので(私の体が)早いウチに話を煮詰めてしまいましょう。

このブログ記事について

このページは、が2010年2月 8日 22:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「つなひき&大なわとび大会 in Chiba 2010」です。

次のブログ記事は「食の週末」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ(記事一覧)で見られます。スマートフォンではスマートフォンに最適化されたページで見られます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

maukie

●綱引きシューズ
tunahikishoes.JPG

綱引シューズ等用品はこちらでご紹介しております
綱引きシューズ等用品のご紹介

最近のコメント

月別 アーカイブ

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家